Periodontal surgery treatment 歯周外科治療

進行した歯周病を治すには歯周外科治療が必要

初期の歯周病を治療するには、主に歯石除去を行っていきます。クリーニングを何度か繰り返すことで、歯肉の炎症を治すことが出来ます。

一方で、進行した歯周病が見られる場合は、歯周ポケットの深いところまで歯石がこびり付いている状態です。これを治療するには、外から見えない歯肉の内側まで歯の掃除をする必要があります。そのために歯肉を切開して行うのが歯周外科治です。

様々な歯周外科治療

スケーリング

スケーラーという器具を使って、歯に付着した歯石を除去することです。
歯石は磨き残した歯垢が石灰化することで発生します。ホームケアでは100%の歯垢の除去は難しいため、歯石はどうしても発生してしまいます。定期的に歯医者に行き、スケーリングを受けることが必要なのはそのためです。

ルートプレーニング

歯周ポケット内の歯石を取り、でこぼこの面を綺麗にする方法です。
歯面を滑らかにすることで汚れが付きにくくなります。歯周病になると、歯周組織は破壊されます。破壊された組織は細菌に汚染されていますので、取りのぞかなればなりません。ルートプレーニングでは、病変したセメント質の除去も行います。

フラップ手術

歯周病が進行すると骨を垂直方向に溶かすことが多く、こうなると歯周ポケットの深いところには器具が入ることができません。
スケーリングやルートプレーニングでも届かないほど奥の歯石や病変部は歯肉を切開し、目視で取り除きます。この外科的処置をフラップ手術と言います。

歯肉を修復するための外科治療

歯周病が進行すると、歯槽骨が溶けることで歯肉が下がり、歯が長く見えるようになります。この歯肉退縮の問題は歯根が露出することです。歯根部はエナメル質には覆われていませんので、露出してしまうと根面う蝕になりやすく、歯の寿命を縮める結果となってしまいます。

歯周病を治療しても、元々歯周病によって骨が減ってしまっているので、歯肉は下がったままです。そこで、歯根が見えなくなるように歯肉を修復する処置を行います。

遊離歯肉移植術

FGGとも言うこの手術は、歯肉が退縮した箇所に別の場所の歯肉を移植するものです。インプラント治療の後で歯肉を補うために施すこともあります。口蓋から上皮組織ごと歯肉を切り取り、歯根やインプラントの周りに移植します。手術の一週間後に抜糸をします。

  • 歯周病専門外来のご案内
  • 歯周病リスク検査
  • 歯周外科治療
  • 歯周病インプラント豆知識
  • 専門医治療コース
  • セカンドオピニオンについて
  • 遠方よりお越しの方へ
  • 医療法人社団 歯周病センター 山田歯科成瀬クリニック

Contact お問い合わせ

お問い合わせはこちらまで TEL 042-739-3006

Access / Schedule アクセス・診療スケジュール

医療法人社団 歯周病センター 山田歯科成瀬クリニック
〒194-0045 東京都町田市南成瀬1-4-5
TEL 042-739-3006

 
9:00 - 12:30
14:00 - 18:00

休診日:木曜日、日曜日、祝祭日